トップイメージ

7/21(土)に移動支援を利用し、軽井沢おもちゃ王国に出かけました。

あいにくの雨でしたが、おもちゃ王国では、プラレールやシルべニアファミリー、観覧車、空中自転車、トーマス機関車など、雨の日でも楽しめる場所がたくさんありました。

プラレールでは自分の好きなように線路をつなげ楽しみました。

空中自転車は、一生懸命自転車をこぎ疲れたけれど楽しかったよとの感想が聞かれていました。

トーマス機関車では、運転手さんの気分♪

観覧車に乗って、高いところから長野県の景色を見ることができました。

おもちゃ王国が楽しかったようで、帰寮後、ホームメンバーに外出のことをたくさん話してくれた利用者の皆さんでした。

またいろいろな場所へ行けるといいなあとの感想も聞かれていました。

 

8/27(日)群馬県障害者スポーツ大会2017(卓球競技)が群馬県立スポーツプラザで開催され、利用者9名が参加しました。

10台の卓球台が準備されていて、世代に分かれての競技でした。

利用者の皆さんは緊張気味でしたが試合が始まると、それぞれが真剣に競技をしていました。

参加者全員がメダルを獲得することが出来、みなさん嬉しい様子で首にかけていました。

帰りの車では「来年も頑張ろう」と言っている利用者さんもいました。

今日はお疲れさま。また来年も頑張ってくださいね楽しみにしています。

 

 

 

 

8/26(土)まんが愛好会を行いました。

新しい利用者2名が入部し4名になりました。

今回は、自己紹介ということで好きなイラストを描いてもらいました。

けものフレンズや、妖怪ウォッチ、プリパラ、少女漫画のキャラクター等

みなさん自分の好きなイラストを思い切り描いていました。

次に、秋の旅行のバス内ゲームで使用する似顔絵やイラストを描きました。

似顔絵を描く際には、アルバムをみながら一生懸命描いていました。

みなさんいろんなイラストをいっぱい描くことが出来ました。

8/19(土)群馬県障害者スポーツ大会2017(ボウリング競技)がパークレーン高崎で開催され、利用者13名が参加しました。

 

年齢別に幼年・少年・青年・壮年を4部に分かれており、各組5人~6人での戦いになりました。

試合開始までは緊張してる人も、ボウルが来ると真剣な眼差しになり試合に挑んでいました。

みなさんそれぞれに個性的な投げ方をしてました。

ストライクを何度もとり喜ぶ人や、ガータばかりでちょっと凹んでしまった人・・。

いつもとは違う、みなさんのいろいろな表情を見ることが出来ました。

 

壮年の部で見事1位を獲得した利用者さん。

久しぶりのボウリングだったので最初は自信がなかったようでしたが、1位を取ることができうれしさも倍でした。

大会の後は、会場で登利平弁当を食べました。みなさん獲得したメダルを見せたり、試合中の感想を言いながら楽しく食事をしていました。

全員メダルを獲得することが出来ました。みなさんそれぞれに自分のメダルを嬉しそうに見ながら「来年もボウリング大会に参加したいね」と次の試合を楽しみにしていました。

みなさんお疲れさまでした。

7/7は七夕なので、ハピネスホームで利用者の皆で笹飾りを作りました。

利用者さんは1人1人で考えて飾り物を作りました。

 

そして短冊には願い事です。

利用者さんは短冊を手にすると何を願おうかなと、じっくり考えて書きました。

笹に飾りをつける時は「願い事・かなうかな?」と心配そうな様子でした。

七夕さま、短冊に願いを書きました。どうぞ皆の願い事を叶えてください☆彡

 

7/4(火)

利用者7名が安中市にある「第一ドライ」さんに勤務しています。

今回は利用者の職場での様子を見させていただくために、アトムから支援者4名が「第一ドライ」さんへ職場訪問させていただきました。

暑い工場の中では、多くの職員と一緒にアトムメンバーも一生懸命仕事をしていました。

利用者のみなさん、ホームで見せる表情とは違い真剣な表情です。

いつもお部屋でゴロゴロと寝ていることが大好きな人も、職員さんに甘えることが大好きな人も、仕事場ではスイッチを切り替えて機敏に働いていました。

入社した時には初めての作業に戸惑い動けずにいたのに、今では仕事を覚え指示がなくても次の作業に移ることが出来るようになった利用者や、班のリーダーとなって今まで以上に張り切って仕事に取り組む利用者など、みなさんそれぞれに仕事をしながら自身の成長にもつながっているようです。

今年卒業したばかりの新人二名も一生懸命仕事に取り組んでいました。

二人でコンビを組んで作業に取り組んでました。

カメラを向けられて、ついつい仕事の時間なのにピースサインをする人も・・・。

仕事が楽しいっていう表情をしてますね。

工場の中は暑く商品も大量で体力的にハードな仕事ですが、利用者のみなさんが毎日笑顔で出勤することが出来るのは「みんなこの職場が大好きだからなんだなあ」と今回の職場訪問で感じることが出来ました。

これから、どんどん仕事が忙しくなる時期に突入するそうです。

暑い日が続き仕事も忙しくなるということなので、ホームでは利用者のみなさんが毎日元気に仕事に出勤出来るように健康管理に気を付けながらサポートしていきたいと思います。

今回はお忙しい中、職場見学をさせていただきありがとうございました。

 

 

6/23(金)

利用者1名が、世界遺産で有名な富岡製糸工場近くにある「桑の恵ま~ゆ」さんに勤務しています。

今回は利用者の職場での様子を見せていただくために、アトムから支援者2名が「桑の恵ま~ゆ」さんに行き、職場見学をさせていただきました。

素敵な笑顔で接客をしていました。

支援者2名の姿を目にすると少し照れくさそうな、緊張したような表情をみせていましたが、

おすすめの商品を尋ねると「マスクメロンのソフトクリームです!」と大きな声で説明をして、ソフトクリームを作ってくれました。

覚えたてのソフトクリーム・・ちょっと個性的な感じでしたが、おいしかったです。

最近はかき氷作りも覚えたとのことで、かき氷も注文。

氷にかけるシロップの量の加減が難しいようです。

一緒に働いているスタッフさんに丁寧に作業を教えていただき、一つ一つの作業に真剣に取り組む利用者の姿を見ることが出来ました。

今回はお忙しい中、職場見学をさせていただきありがとうございました。

6/27(火)にハピネスホーム担当職員が利用者さんの就職先に訪問して来ました。

本人には訪問することを伝えていなかったので突然ホーム担当者が訪問して驚いていた利用者さんでした。

洗面所の掃除や厨房の掃除を真剣にしている様子が見られました。

利用者さんがスタッフさんから声をかけて頂き頑張って仕事をしている様子が見られました。ホームでは甘えん坊な利用者さんですが、仕事中は甘える事もなく仕事をしていました。

 

 

 

利用者さんが元気に長く勤められるように支援をしていきたいと思います。

お忙しいときにお時間を頂き職場見学をさせて頂きありがとうございました。

これからもお世話になりますが、よろしくお願いします。

6/25(日)に利用者全員で外出をしました。

場所は甘楽町のこんにゃくパークと秋畑蕎麦打ち体験です。

こんにゃくパークでは体験キッチンでフルーツゼリーを作りました。

皆さん一人一人で自分のゼリーを作るために真剣です。

まるで宝石箱のようなゼリーが出来て目をキラキラさせ「できた」と大喜びでした。

ゼリー作りの後にはバイキングの食べ放題・・・食べ過ぎた利用者もいましたよ。

こんにゃくと思いきや・・とっても美味しかった。

たくさん食べてお腹がいっぱいになりました。

次に秋畑の那須庵で蕎麦打ち体験です。

那須地域の蕎麦打ち名人に教えて頂き蕎麦打ちです。

手にはそば粉が付いていて気になりますね・・・早くこねて・・・。

粉が乾いて切れてしまう。がんばれ・・。

名人が作った蕎麦と比べたら、こんなに違う太さ

でも自分で打った蕎麦は格別に美味しいね。

最後に蕎麦打ちを教えて頂いた名人と記念写真です。

お世話になりありがとうございました。

5/4(木)

ハピネスホーム利用者全員でゴミ拾いを行いました。

利用者が毎朝ウォーキングをしている道のゴミ拾いです。

いつもウォーキング中には地域の方にお世話になっているので、この日はゴミ拾いをしました。

利用者は軍手をしてゴミ袋を手に持ちゴミが見つかると「あった-」と拾う様子が見られました。

拾ったゴミを手にして「見て・・ゴミが落ちていたよ」と支援者に見せてくれたりしながらのゴミ拾いです。

掃除中に地域の方から「ご苦労様です」と挨拶を受けると皆さんも「おはようございます」と大きな声で挨拶が出来ました。

地域の方の暖かい一言がうれしいです。これからもよろしくお願いいたします。

特定非営利活動法人 アトム

〒370-2412 群馬県富岡市妙義町下高田950-1
tel.0274-73-3852